救済手段について知る|マンション売却は慎重に進める|不動産会社選びの決め手

マンション売却は慎重に進める|不動産会社選びの決め手

救済手段について知る

男性

住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合、その債務者は住宅ローンの融資先となる金融機関によって抵当権に含まれている不動産物件を差し押さえられてしまいます。その不動産物件が自宅の場合、住む家を失ってしまうことになるでしょう。また、家を失ったとしても全ての住宅ローンを返済できている訳ではないので、生活はより一層苦しいものとなるはずです。そういった事態を避けるための救済手段として、「任意売却」と呼ばれるものが存在します。ここでは、任意売却がどういった救済手段なのかを知っていきましょう。まずは、金融機関によって差し押さえられた不動産物件がどうなるのかについて説明していきます。

金融機関によって差し押さえられた不動産物件は、そのまま競売手続きに掛けられます。競売によって不動産物件が落札されると、その価格は市場価格よりも安価なものとなってしまうのです。つまり、住宅ローンが多く残ってしまうということになります。また、すぐに裁判所から立ち退きを命じられてしまいますので、引っ越し先を探す前に住む家を失うことになるのです。任意売却であれば、そういった心配はありません。任意売却は競売と違い金融機関に相談して行なう必要がありますが、市場価格に近い価格で不動産物件を売却することができ、引っ越しまでの期間に関しても柔軟に対応してもらうことが可能です。また、残った住宅ローンの返済に関しても、返済していけるような条件に見直してもらうこともできます。もし、住宅ローンの返済が滞ってしまいそうな人がいるのであれば、任意売却を得意としている不動産屋に相談して、任意売却の手続きを進めていくことをお勧めします。そうすることで、自分自身の生活を守ることができるでしょう。